求人に「興味あり」が来た場合の確認方法

候補者から、求人票へ「興味あり」が来た場合の確認方法をご紹介します。なお、求人票への「興味あり通知」機能はβ版のため、「応募」が来た場合の確認方法と異なる旨ご留意ください。

■求人への「興味あり」があった時の確認方法

候補者の画面では、以下のように求人に対して「興味あり」「選考応募」の2種類のアクションをとることができます。ここでは、求人票へ「興味あり」が来た時の確認方法をご紹介します。

なお、求人票への「興味あり通知」機能はβ版のため、「応募」が来た場合の確認方法と異なりますのでご注意ください

この機能では、LAPRASユーザー画面の求人票に「興味があることを通知する」ボタンが表示され、候補者が「興味あり」を自分から送ることができます。
この機能はβ版のため、自動的にLAPRAS SCOUTに通知が行われず、翌日以降にホットラインで候補者から興味ありが来た旨をお知らせいたします。

※「応募」が来た場合と少し異なるため、ご留意ください。求人票へ「応募」があった場合の確認方法は、こちらの記事をご覧ください。

以下の流れで候補者情報のご確認及び、候補者へのご連絡をお願いいたします。

  1. 前日(週初めの場合は週末分も含む)に貴社求人票へ「興味あり」をした候補者情報がLAPRAS ホットライン(Slack、Chatwork、Teams など)へ通知されます
  2. LAPRAS SCOUT内のタレントプールで、求人票へ「興味あり」をした候補者情報を確認いただく
    ※求人票へ「興味あり」を押した候補者情報は、「求人への興味あり」のラベル及び、興味ありのあった求人票ポジションのラベルが付与された状態でタレントプールに入れられています。

    スクリーンショット_2021-04-06_18_31_22-2
  3. 必要に応じ、通常メールを送信する手順と同様に面談お誘いメールを送信

<もともとタレントプールに入っていなかった候補者からの「興味あり」の場合>

求人へ「興味あり」した候補者の情報が「求人への興味あり」リストに追加されます。
候補者には「求人への興味あり」ラベルと、求人情報編集ページで設定した付与ラベルが付いた状態で表示されます。
ステージは「ファーストアプローチまち」で表示されます。

<もともとタレントプールに入っていた候補者からの「興味あり」の場合>

「興味あり」のあった候補者のもともとのリスト/ステージ/ステータスは変化せず、「求人への興味あり」ラベルと求人情報編集ページで設定した付与ラベルが付いた状態で表示されます。

<アーカイブされている候補者からの「興味あり」の場合>

アーカイブが解除され、「求人への興味あり」に追加されます。
「JOB興味あり」ラベルと、求人情報編集ページで設定した付与ラベルが付いた状態で表示されます。
ステージは「ファーストアプローチまち」で表示されます。

■候補者への面談お誘いメール

求人票への「興味あり」があった候補者は、選考応募までは至らないものの貴社へ強い関心を持っている方です。LAPRAS SCOUTのメール機能から、ぜひ面談に誘ってみてください。

  • 「興味あり」のお礼
  • カジュアル面談の日程候補の提案
  • 面談所要時間や面談同席者

などの情報を盛り込み、「興味あり」から1週間以内を目処に連絡するようにしましょう。

※ 候補者への面談お誘いは必須ではありませんが、可能であれば興味ありが来た場合は返信いただくことをおすすめしております。

<採用管理システムを使用されている場合>


「今後採用管理システムからご連絡します」のようなご連絡をまずはLAPRAS SCOUTのメールでご対応ください。