なぜ採用要件を明確にすべきか

この記事では、なぜ採用要件を明確にすべきなのかについて解説します。この記事を読み、採用要件を明確にすることの利点を学んで自社の採用要件を明確にしていきましょう。

なぜ採用要件を明確にする必要があるのでしょうか。それは、採用コストを抑え、長く自社で活躍できる人を採用するためです。採用要件を明確にすると、スムーズに採用を行え、企業と候補者とのミスマッチを減らすことができます。その理由を以下で項目別に解説していきます。

1. 自社にフィットしている人を採用できるようになる

優秀なのにすぐ転職されてしまったり、自社の雰囲気に合わない人を採用してしまうことは望ましいことではありません。以下の理由からこのような事態を抑えることが出来ます。

(1)興味のあった仕事を提供できるようになる

採用要件が明確ではない場合、新しく採用した人が入社前に業務内容について詳しく知ることができず、興味のある内容と実際の仕事内容にギャップが生じる場合があります。この場合、自分の興味に合う仕事をすることができず、早期転職をされてしまう可能性があります。

しかし、採用要件が明確になっていれば、内定前に自分の興味のある分野に取り組めるのかが明確になるので、このようなミスマッチを減らすことが出来ます。

(2)自社のレベル感に合った人を採用できる

採用要件が明確ではないと、要求するスキルレベルと異なる人を採用してしまう可能性があります。要求より低い人を採用してしまった場合、作業効率が落ち、好ましくない事態に陥るということはお分かり頂けると思います。要求より高い人を採用した場合、その人がその環境でやっていくことに満足ができなくなり、早期転職されてしまう可能性が高くなります。

しかし、あらかじめ人事担当者とエンジニアの連携が取れており、採用要件が明確になっていれば、どのくらいのレベルのタスクがあり、仲間がいるのかが明確になるので、そのような不満を抱くことがなくなります。

(3)自社の雰囲気に合う人を採用できる

採用要件に、会社はどのような雰囲気なのかや、どのような考え方の人が欲しいのか、どういう理念を目標にしているのか、などが明確になっていれば、自社の雰囲気に合った人を採用することができるようになります。これにより、自社の雰囲気を守ることができるのと同時に、自社に馴染めないという理由から転職を考えられるという事態も少なくなります。

2. 運用コストを抑えられる

採用をする上で一番問題になってくるのは「時間をかけて何人か面談をしてみるものの結局ピンとくる人が現れず、一人も採用できなかった」ということではないでしょうか。これは時間もお金もかかってしまう割に成果が得られない、一番やりたくない失敗です。さらに、「採用してみたけれど、すぐに辞められてしまった」という事例もあると思います。これも上記と同様に時間が取られ、更に採用コストや育成コストが無駄になってしまいます。

これらの失敗は採用要件が明確でないために起きてしまう失敗であると言えます。

採用要件が明確であれば、面談に入る前に自社に合わない人たちを一定数はじけ、さらに候補者のどこを見るといいのかが明確になるため、「本当にこの人を採用して良いのか」が明確になり、無駄な面談を重ねる手間も省け、採用コストも抑えられます。更に、長く活躍できる人を採用できるので、採用コストや育成コストが有効に利用されたとも言えるでしょう。

以上のような理由により、採用要件を明確にすると運用コストがかかる割に採用できないという、採用における一番のボトルネックを解消することができますので、採用要件を明確にすべきと言えます。

3.採用広報の効率が上がる

採用要件が明確であれば、どういう人が欲しいのかが明確である分、よりターゲットを絞ったピンポイントな採用広報や採用マーケティングができるようになります。そのターゲットに合うような認知獲得手段をとれるので、採用の効率を上げることが出来ます。

この記事では採用要件を明確にすべき理由を解説してきました。採用要件が明確になると自社に合った人を運用コストを抑えて採用することができるようになります。この記事を読んで自社の採用がうまくいっていないと感じたら、ぜひ採用要件を見直してみましょう。