転職アラートを活用する

転職アラートとは、候補者の転職可能性が高まった可能性がある際にアラートが受け取れる機能です。LAPRAS SCOUTでは候補者自身が転職意欲を記入できるため、転職アラートを活用することはより効率的な採用活動に繋がります。

スカウトメールは文面も大切ですが、送るタイミングも大切です。転職の可能性が高くなったタイミングで候補者にメールを送ると、良い結果に繋がりやすくなります。

転職アラートとは

転職アラートは、タレントプールに追加している候補者の経歴や活動情報によって転職時期が近いと予測された際にアラートを出すシステムです。アラートが出た候補者には、すぐにメールを送ってコンタクトを取ってみると良いでしょう。(転職アラートは、二社以上がその候補者に対してスカウトメールの下書きを作成した時点で消えます。

転職アラートが検知する候補者の活動例

  • 候補者自身のJOB設定を「転職活動中」または「転職活動はしていないが良さそうなところがあれば話だけでも聞いてみたい」に変更する
  • 転職可能性を示唆するツイートを投稿する
  • SNS上で経歴情報を更新する
  • 勤続年数が転職可能性の高いタイミングに近づく

候補者のJOB設定(転職意欲)について

LAPRAS SCOUTでは、候補者自らが記入した自身の転職意欲を確認できます(候補者が記入していない場合は確認できません)。これにより転職意欲の高い候補者へ企業側からアプローチすることが可能です。

▼ JOB設定一覧

  • 「転職活動をしている」
  • 「転職活動はしていないが良さそうな所があれば話だけでも聞いてみたい」
  • 「転職予定はない」
  • 「未記入」

特に「転職活動中」と「転職活動はしていないが良さそうな所があれば話だけでも聞いてみたい」を設定している候補者には積極的にスカウトメールを送るようにしましょう。

 

image-72

 

image2-7

 

転職アラートはダッシュボード上で以下のように表示されます。早速確認してみましょう。

ダッシュボード上で転職アラートを確認