メール作成補助機能を活用する

LAPRAS SCOUT運用において、スカウトメールの執筆は特に工数のかかる作業の一つです。メール作成補助機能は、候補者のアウトプットに基づいて文章を生成することで、あなたのスカウトメール執筆を手助けしてくれます。 この記事では、このメール作成補助機能の使い方について解説します。

メール作成補助機能とは

メール作成補助機能とは、候補者のアウトプットに基づいてパーソナライズされた文章を自動生成することで、スカウトメール執筆を手助けしてくれる機能です。
この機能をうまく活用して、さらに効率よくスカウトメールを執筆しましょう。

メール作成補助機能を使う前に

まず、メール作成補助機能の設定をしましょう。
メールボックスから「メール作成補助設定」を選択します。

 

スクリーンショット 2019-07-03 14.32

 

こちらに会社の事業内容や具体的な業務内容を名詞句形式で入力しましょう。
入力されたテキストの中から最適なフレーズを選択し、メール文面が自動で生成されます。
(テキストのバリエーションが多いほど生成される文面がより正確になります。)
完了したら「保存する」をクリックします。

メール作成補助機能の使い方

それでは、実際にメール作成補助機能を使っていきましょう。

(1)メールボックスの「メール作成補助」をクリックします。

 

メールボックス_-_LAPRAS_SCOUT-2

 

(2)GitHubの主要レポジトリ、Qiitaの主要投稿、connpassのイベント参加履歴、個人ブログの中から、メールに含めたいアウトプットを2個まで選択します。

(3)先ほどメール作成補助設定で入力した文章を1つ選択します。

(4)「文面を生成する」をクリックします。「生成やり直し」クリックするたびに様々なパターンの文面が生成されるので、良いのが出たら「メールに挿入」をクリックします。

(5)するとメール内の部分に文面が挿入されます。

 

メールボックス_-_LAPRAS_SCOUT-3

 

「メールに挿入」を押すと、、、

 

メールボックス_-_LAPRAS_SCOUT-4

 

に自動で生成された文面が挿入されました。

以上の作業で簡単に文面を自動で生成することができました。

注意点

メール作成補助機能はメール執筆の工数を大きく減らしてくれますが、これはあくまでもサポートにすぎません。より適切にパーソナライズするためには、少しでも良いので、生成された文面に手を加えることが非常に大切です。