自動でリマインドをする「自動確認メール機能」の使い方 

LAPRAS SCOUTでは、返信のない候補者に対して自動で確認メールを送信することができます。候補者がスカウトメールを見落としている場合に有効です。この記事では、自動確認メールの設定方法について解説します。

自動確認メール機能とは

LAPRAS SCOUTでは、返信のない候補者に対して自動で確認メールを送信することができます。

候補者がスカウトメールを見落としている場合などに気づきを促すことができます。

1. 自動確認メール文面の設定方法

メール作成画面右上部分にある「自動確認メールの設定」をクリックすると、自動確認メールで送信される文面の設定画面が開きます。

LAPRAS_SCOUT-1

こちらのページから、自動確認メールを設定することができます。

自動確認メールの文面は、デフォルトではどんな会社にも適用できる一般的な文章が設定されています。使用開始前に、自社の名前を入れるなどの修正を行いましょう。

自動確認メール設定_-_LAPRAS_SCOUT-1

2. 候補者氏名のテンプレート変数を設定する

まず、候補者の名前にあたるテンプレート変数を設定しましょう。

メール作成画面を開くと、それぞれの候補者の名前にあたるテンプレート変数を設定できます。フルネームとして挿入したいものと、姓として挿入したいものをそれぞれ記入しましょう。

LAPRAS_SCOUT1

3. 自動確認メールのチェックボックスをオンにする

設定が完了したら、画面左上にある「この候補者に対する自動確認メールを有効にする」をのチェックを入れます。自動確認メールは、候補者へ1通目のメールを作成する際に送信の有無を設定できます。(2通目以降を送信する場合には設定できません)

LAPRAS_SCOUT4

自動確認メールは、候補者へ送信をしてから「5営業日後の10時〜13時の間」に自動送信されます。個別の日時やタイミングの指定はできません。

以下の場合は自動確認メールの送信予約が解除されます。

  • 自動確認メールが送信される前に候補者へメールを送った場合
  • 候補者から返信やリアクションが届いた場合

上記の設定が終了すれば、準備は完了です。あとは、候補者に1通目のスカウトメールを送ったものの5営業日後の10〜13時まで返信やリアクションがない場合に、自動で候補者に確認メールが送られるようになります。

1通目のメールは見逃されていることも多く、メールでリマインドすることで返信を獲得できる確率が上がることが分かっています。自動確認メール機能を活用して、返信率を向上させましょう。