スカウトメールの差し戻し

LAPRAS SCOUTではスカウトメールを送る際に、候補者保護の観点からクオリティチェックを実施しています。クオリティチェックの結果、候補者の体験を損ねると判断された場合はスカウトメールが差し戻されます。スカウトメールが差し戻される際の基準と、どのように差し戻されるかを解説します。

スカウトが差し戻される基準

スカウトメールを受け取る候補者の体験が損なわれる可能性がある場合、スカウトメールが差し戻されます。以下の例のような場合、体験が損なわれると判断されることがあります。

一般的なビジネスマナーにそぐわない

  • 誤字脱字がある
  • 名前を間違える
  • メール末尾に署名がない
  • どのような用件かが分からない

スパムメールに思われる可能性がある

  • 誰にでも送れるテンプレートメールである
  • 候補者に関する情報と実際のスカウトの内容が合致しない
    <例>
    • 転職意欲低の候補者に転職前提のスカウトを送る
    • 候補者の技術スタックと採用要件が合致しない
    • 大阪在住の候補者に東京での就職を前提としたスカウトを送る
  • 候補者のアウトプットを見ないでスカウトをしているように見える(誤ってサンプルレポジトリに言及する等)

差し戻しが行われた場合

以下のステップで差し戻しと、修正依頼のご連絡を致します。

  1. スカウトメールクオリティチェック担当により、該当スカウトメールが下書きに戻されます
  2. カスタマーサクセスマネージャー(CSM)よりご利用のコミュニケーションチャネル(Slack Shared ChannelやChatwork等)経由で差し戻しの旨をご連絡致します
  3. 修正いただいたスカウトメールを再度送信予約いただき、クオリティチェックを通過すると指定日時にて送信が完了します