候補者を選んでスカウトメールを送る

この記事では、LAPRAS SCOUTの運用の流れを紹介します。 LAPRAS SCOUTを初めて利用する方は、ぜひお読みください。

データベースから候補者を検索してスカウトメールを送る

スカウトメール送信の流れは下記の5ステップです。このページでは、スカウトメール送信までの流れを簡単にご紹介します。レコメンド条件設定のコツ、メール作成のコツは、文中のリンクから別のヘルプページで紹介しています。

スクリーンショット 2019-04-10 8.21.30

 

1. 「レコメンド」からレコメンド条件を設定します

 

レコメンド_-_LAPRAS_SCOUT-3

 

Banners_and_Alerts_と_レコメンド_-_LAPRAS_SCOUT

 

2. 条件にマッチした候補者が表示されるので、下記のように振り分けていきましょう

 ・スカウトしたい     → 「タレントプールに追加」

 ・判断が難しいので後回し → 「あとで検討」 ※あとで再度表示されます

 ・スカウト対象ではない  → 「候補から外す」

1Rails_Web_HTML_-_LAPRAS_SCOUT

 

「 候補から外す」を選択すると、次の画面が出てくるので、タレントプールに追加しなかった理由を選択しましょう。このフィードバックがレコメンド解析の精度向上につながります。

image.png (74.7 kB)

 

3. 「タレントプールに追加」した候補者をタレントプールで選択します

スクリーンショット_2019-04-09_18_09_47

 

4. 「メール作成」を選択します

スクリーンショット_2019-04-09_18_11_36

 

5. メールを作成して送信予約します

メールを執筆したら「内容プレビュー」を選択し、送信予約をします。

スクリーンショット_2019-04-09_18_14_48

 

レコメンドから候補者を選定し、スカウトメールを送信するのはLAPRAS SCOUTの基本的な使い方です。LAPRAS SCOUT運用の流れを把握するために、運用に関わる他の担当者にもぜひこの記事を共有してください。