メール送信時に「文面にテンプレート内の記号や説明文が含まれています」という警告が表示される

警告画面イメージ

スクリーンショット 2021-07-29 13.46.11

原因

メール本文内にデフォルトのテンプレートに含まれている、テンプレート用の文言や記号が残っていると、警告が表示されメールの送信ができません。

警告の対象となる文言

  • <<**>>
  • ※※※**※※※
  • [**]
  • {**}
  • ●●
  • 採用の背景・課題感と、その候補者に声をかけた理由
  • 面談日程の提案を行う
  • **
  • 候補者の良かった点と自社の親和性について触れる
  • 連絡のきっかけ
  • 候補者にとっての自社の魅力に触れる
  • Xxx

対処方法

メール本文内の赤色でハイライトされている部分を修正してください。

上記の記号や説明文が残っていると警告が表示され続けます。

オススメの運用

自社でテンプレートを新たに作成する場合は、プレースホルダーとして上記の記号を使うと、プレースホルダーの変換漏れが防げるため、ぜひご活用ください。