興味通知に対して「分からない」というリアクションがあった

興味通知を送信した際、候補者から「分からない」というリアクションをもらうことがあります。どういう心情で候補者が「分からない」というリアクションをしているか。それを踏まえてどういったアプローチをすべきかをまとめます。

「分からない」リアクションをした際の候補者の心情

候補者の「分からない」は純粋に「分からない」

興味通知を候補者に対して送信すると、「分からない」といったリアクションを得ることがあります。その際に候補者はどういった心情で「分からない」ボタンを押しているのでしょうか?

LAPRASに所属するエンジニアも日常的にLAPRAS経由で興味通知を受け取りますが、ヒアリングをしたところ「純粋にその企業のことが分からないので分からないと押した」といった回答がほとんどでした。
また、その企業からスカウトメールが届いた際にどう思うかをヒアリングしたところ「きちんと情報が書いてあり、自分に向けたスカウトであれば「分からない」が解消されるので返信し得る」といった回答が大半でした。

「分からない」リアクションを踏まえてのアプローチ

候補者が知りたい情報をスカウトメールできちんと伝える

前述したように、候補者は純粋に分からないといった気持ちでリアクションをしています。その気持ちを解消できるよう、候補者がスカウトに返信をするかどうか判断するに足る情報を提供しましょう。具体的には以下のような項目をスカウトに盛り込むと良いでしょう。

  • 企業のことが分かる説明、またはWebページのURL
  • 具体的なポジションとその要件
  • スカウトを送った理由(候補者のどこを評価し、どういった役割を期待しているか)

より丁寧なパーソナライズを心がける

「分からない」リアクションをした候補者は良い意味でも悪い意味でも心情的にはフラットな候補者です。そういった候補者から返信というアクションを引き出すには「アウトプットきちんと見た上で、このような役割を期待してスカウトを送っている」と感じてもらう必要があります。

スカウトメールを送る際は普段以上のパーソナライズを心がけて送信するようにしましょう。