レコメンドされた候補者をタレントプールに追加する

レコメンド条件でレコメンドされた候補者の中に魅力的な候補者がいれば、タレントプールに追加していきましょう。スカウトメールを送る候補者を選定する大切な行程です。

 

レコメンドされた候補者をタレントプールに追加する

タレントプールとは看板形式の候補者管理ツールです。スカウトしたい候補者はタレントプールに追加し、タレントプール上でメモ欄に必要事項を記入した上で、スカウトメール作成をしていきましょう。

1.「レコメンド」を選択

LAPRAS SCOUT画面の上側にあるメニューバーから、「レコメンド」を選択します。

レコメンドを選択する

 

2.レコメンド条件を選択

今まで作成したレコメンド条件の一覧が表示されます。

image-52

(レコメンド条件の作成方法は、レコメンド条件を作成するをご覧ください。)

 

3.タレントプールに追加する候補者を決定

Java_-_LAPRAS_SCOUT

 

レコメンド条件をクリックすると、条件にマッチする候補者がオススメ度順に1件ずつ表示されます。

アウトプットを見て、候補者を右上ボタンから評価しましょう。(他の候補者を表示したい場合は右上ボタンからの評価が必要です)

 ・スカウトしたい     → 「タレントプールに追加

 ・判断が難しいので後回し → 「あとで検討」 ※あとで再度表示されます

 ・スカウト対象ではない  → 「候補から外す

 

「○ タレントプールに追加」

その候補者がタレントプールに追加されます。

「あとで検討」

判断に迷う場合は「あとで検討」でスキップすることで、後で評価できます。

「× 候補から外す」

候補者が要件に合わない場合は「× 候補から外す」を選択します。すると、下記の画面が出てくるので、タレントプールに追加しなかった理由を選択しましょう。このフィードバックがレコメンド解析の精度向上につながります。

Java_AWS_-_LAPRAS_SCOUT

 

4.スカウトメールを送信

タレントプール上でスカウトしたい候補者を選択し、「スカウトメールを作成」からスカウトメールを送ることができます。スカウトメールの書き方については、メールボックスのカテゴリーで詳しく解説します。

 

いかがでしたでしょうか。実際にLAPRAS SCOUTを運用してみると、この候補者選定に難しさを感じることがあるかもしれません。候補者選定を上手に行うTipsについてはキーワードやスコアの適切な設定についてで詳しく解説します。