担当者の設定とは何ですか

担当者を設定すると、候補者の状況やステージに応じて、担当者にタスクが発行されます。

担当者設定機能を利用した業務の流れ

レコメンドやLAPRAS SCOUT Extensionを利用し、候補者をタレントプールに入れた後は以下のように進行します。

 

■一次リストの作成

まずはお声がけする可能性のある人をタレントプールに入れましょう。
以下の画面が表示され、追加するリストやラベルとともに、各ステップの担当者をアサインできます。(アサインする担当者はデフォルトで設定可能です)

タレントプールに投入

■アプローチ判断

その候補者にアプローチするかどうか、レビューが必要な場合はレビュー担当者にアプローチ判断依頼を行います。

※ アプローチ判断の依頼が不要な場合は、アプローチ判断「担当者なし」とすることでこのステップはスキップされます。

アプローチ判断にアサインされると、「アプローチ判断」タスクが発行されます。候補者のステージはアプローチ判断待ちになっています。

賛成する/賛成しないを押すとコメントの入力画面になります。賛成しない場合はできるだけ理由をフィードバックするようにしましょう。

今のタイミングでアプローチをしないだけ(ストック)なのか、今後もその可能性がない(お見送り)のかによって、ステータスを付与しましょう。(ステータスについて

ボタンを押すと、担当者にアプローチ判断タスクが発行されます。(ダッシュボード画面右上)

アプローチ判断タスク

■ファーストアプローチ

アプローチすることを決めたら次は実際に候補者へ最初のアプローチを試みます。候補者の状況に応じて、適切な方法がタレントプールのカード上でレコメンドされます。

 

※ スカウト執筆のメモ作成を依頼したい場合

興味通知を送信した後、「この候補者にメールを送るのに情報が不足している場合はコメント依頼をしましょう」というメッセージが表示されるので、コメントを依頼したい相手をアサインしましょう。

 

コメントを依頼する画面で依頼先を選択します。

コメントを依頼すると以下の画面になります。

追加コメント担当の画面には以下のように表示されています。

■メール返信

候補者から返信があった場合やフォローメールの送信など、タイムリーに行うことが重要です。その候補者へのメール対応を行う人物をアサインしましょう。

メール返信タスク

■初回面談

最初のカジュアル面談は候補者と企業にとって重要です。初回のカジュアル面談を担当する人物をアサインしておきましょう。(面談のリマインドは今後追加予定)

デフォルトのアサインを設定する


以下よりデフォルト設定を行うと、全ての候補者にデフォルトで同じ担当者がアサインされます。

管理設定>デフォルトの担当の設定

より設定することができます。(管理者のみ)

 

担当者の変更方法

候補者ごとの各タスク担当者は、候補者カードの右下より変更することが可能です。

自分が担当として設定されている候補者をフィルタする

タレントプールのフィルタのあなたのタスクありを選択すると、自分が担当として設定されているタスクのみ表示されます。

この機能を使用したくない場合

デフォルトの担当の設定 の全ての役割を「担当者なし」に設定します。こうすることでタスクが発行されなくなります。