LAPRAS SCOUTを利用する際に採用要件が明確であるメリット

明確な採用要件を設定することによって、LAPRAS SCOUTの運用効率をさらに高めることができます。この記事では、そのメリットを解説します。

1.候補者選定がスムーズになる

(1)良い人がレコメンドされやすくなる

採用要件が明確であれば、候補者にどのようなスキルを求めているのかが明確になり、レコメンド条件をより詳細に設定することができます。レコメンド条件を詳細に設定できると、自社にフィットした人材がより多くレコメンドされるようになるので、候補者の選定の時間も削減することができます。

(2)候補者選定にかかる工数が削減される

採用要件を明確にし、詳細に設定したレコメンド条件でフィット感のある候補者がよりレコメンドされるようになったとしても、ひとりひとりの候補者の情報をきちんと読み込むことは良い採用をするにあたって必要不可欠です。ただ、採用要件を明確にすることで、候補者に対する判断基準も明確となり、判断をより迅速に正確に行なうことができるようになります。

2.スカウトメールの返信率を上げられる

LAPRAS SCOUTを運用する上で一番重要になってくるポイントです。LAPRAS SCOUTの特徴は、「LAPRAS SCOUTの持っているデータベース上で自社に合う人を見つけ、その人たちを高い確率で採用出来る」ことです。

しかし、いくらデータベース上で自社に合う人を見つけられても、その人に送ったスカウトメールが返ってこなければ意味がありません。

(1)メールに興味を持たれやすくなる

採用要件が明確であれば、明確な業務内容を候補者に伝えることができます。明確な業務内容を伝えることができれば、なぜ自分がメールを受け取ったのか、自分がその会社に入って何をやればいいのか、自分のスキルや興味と合うか、などが分かり、貴社で働いているイメージが明確にわくでしょう。

自分が新たな活躍の場で生き生きと働いている姿がイメージできれば、候補者としては思わず返信したくなるものです。

(2)パーソナライズがしやすくなる

採用要件が曖昧な場合、候補者のアウトプットを見ても、どこに着目をしてスカウトメール文中でパーソナライズをすれば良いのかが分かりません。しかし、採用要件が明確な場合、自社での仕事内容と近いアウトプットについてや、カルチャーや社内制度がマッチしそうなポイントに言及すれば良く、どのアウトプットに着目をしてパーソナライズすれば良いのかが明確になります。

以上、採用要件が明確であると効率よくLAPRAS SCOUTを利用できることを解説してきました。次の記事、どの程度まで採用要件を明確にすべきなのかでは実際に採用要件を作成していき、どの程度まで採用要件を明確にするのかの基準などが書かれていますので、こちらも併せてご覧ください。